ひたちなか市の歯科医院 おざわ歯科 | 大人の歯磨き練習、PMTC:歯の専門クリーニング、定期健診などによる、虫歯予防・歯周病予防・口臭予防

診療案内
患者様の声
ひたちなか市長堀町の歯科医院「おざわ歯科」携帯サイト

【歯科医師求人】院長の小澤です。当院で地域の患者様のお口の健康のために一緒に頑張ってみませんか!

ひたちなか市 おざわ歯科の歯科衛生士・歯科助手・受付求人案内!

元気な子ども、健康長寿の予防歯科

虫歯と歯周病は歯の病気の2大疾患。
これらの病気を予防して口腔衛生を保つことは全身の健康にとって大切なことです。
当歯科医院では、患者様と一緒に考える予防歯科、健康や若々しさを保つ予防歯科の実践に努めています。

ドクター小沢より患者様へ
予防歯科の考え方 - 本来の健康を維持するための治療
ホントはどっちがいいの?

虫歯は歯を削って修復材を詰めて治療します。
自然には治らない歯は補う治療しかできません。

そのため、虫歯になったら治療、歯周病になったら治療を繰り返していると、いずれ歯を失うことになってしまいます。

しかし、虫歯でない、歯周病でもない、
健康な状態を維持することができたらどうでしょう?

歯を削ることはないし、歯を失うこともありません!
高齢化の進む現代、“健康寿命”という言葉はもはや一般名詞化しており、
老齢になっても自立した生活を送ることの大切さが叫ばれています。
全国の役所には健康長寿課や健康増進課ができ、歯科では8020運動やMIという治療概念への期待が日に日に高まっています。
予防歯科はこれらの期待に応えられる唯一の治療方法です。

8020運動 - 80歳になっても20本の歯を残そう!

8020運動 - 80歳になっても20本の歯を残そう!

歯が多数残っている高齢者の多くは健康的であるという調査結果から、国民の健康長寿を願って厚生労働省や日本歯科医師会らが推進する活動が8020運動です。
8020運動には、健全な口腔環境と咀嚼機能を維持し、いつまでも健康で楽しい生活を、という願いが込められているのです。

8020運動に賛同する当院も、できるだけ削らない、抜かない、痛くない治療を目指しています。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

MI(Minimal Intervention) - 体にやさしい治療概念

MIはFDI(国際歯科連盟)が2000年に提唱した「歯をできるだけ傷付けず、かつ治療効果を高め、予防の意識を高めましょう」という歯科治療の概念です。
2002年には以下のような声明(要約・抜粋)も出されています。

口腔ケア、細菌の感染抑制や食事指導など、口腔保健指導に努め口腔の健康意識を高める
唾液緩衝能など虫歯リスクを調べ、再石灰化を応用した治療に努める
虫歯や歯周病の再発を見据えて、客観的な治療記録をおこなう
虫歯の除去はできるだけ感染したエナメル質や象牙質に留め、健全な歯質を残す努力をする
虫歯は状態に合った治療器具を使い、適切に治療する。
レーザー治療器など歯質を傷付けない治療方法を検討する。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
さまざまな予防歯科 - お口と全身の健康に貢献します!

予防歯科の基本は口腔ケアです。
歯科医院でのプロフェッショナルケア、ご自身でのセルフケアを基本に口腔の健康を維持する治療です。

プロフェッショナルケアとホームケアの役割

プロフェッショナルケアとホームケアの役割

もっとも大切なホームケアですが、毎日の歯磨きだけでは歯や歯のまわりは少しずつ汚れていきます。
ホームケアを補う治療がプロフェッショナルケアです。
溜まった汚れを数ヶ月に一度きれいにすることで、健康な状態を維持することができます。
プロフェッショナルケアでは次のような治療をおこないます。

TBI(歯磨き指導)

歯磨きマスターになって、いつも健康を目指しませんか?

TBI(歯磨き指導)

歯磨きは最も効果の高い虫歯や歯周病を予防する方法です。
しかし、「磨いているつもり」と「磨けている」には大きな違いがあります。きちんと磨けていないとほとんど全てが無意味です。

TBIでは、まず最初に染め出しによる磨き残しチェックをおこない歯磨きの欠点を確認します。その後、正しい歯磨き方法を説明します。

ご家庭での効果的なお口のケアの説明や、ご希望の方には最適なハブラシ選びもしています。

ハブラシの部位とよく磨ける場所 各画像をクリックして拡大してご覧ください

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

TBI:仕上げ磨きの説明

お子様の歯磨き習慣化はお母さんの仕上げ磨きから

愛情たっぷりの仕上げ磨きで スキンシップ!

乳幼児の仕上げ磨きで難しいのは力加減です。
痛い仕上げ磨きは習慣化のマイナス要因になってしまうため、痛みのない効果的な仕上げ磨きの方法をわかりやすく説明しています。

仕上げ磨きは子育ての大切な要素です。
しっかり磨いて子どもの歯を守ってあげましょう!
ご希望の方には最適なハブラシもお選びしています。

こども・小児歯科のページもご覧ください

フッ化物歯面塗布

フッ素で虫歯に負けない強い歯質をつくります!

フッ素で虫歯に負けない強い歯質をつくります!

フッ素には歯の再石灰化を促したり、虫歯菌の活動を低下させる働きがあり、小さな虫歯であればフッ素と唾液の力で虫歯を自然治癒させることが可能です。

実際の治療ではフッ素を有効に働かせるために口腔内のクリーニングをおこなってからフッ素を歯面に塗布します。

フッ素とは? フッ素(元素記号:F)は少量ながらも必ず摂取しなければならない微量栄養素とされています。海草類や魚類、お茶などにも微量ながらも含まれている元素です。
歯科医院で使うフッ素は正確にはフッ素化合物になります。また、過剰な摂取は「歯のフッ素症」の原因にもなるため、正しい用法(適切な使用)でフッ素処置が大切です。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

フッ素イオン治療

フッ素が歯面に効率良く浸透して歯を守ります!

フッ素イオン治療

自然界に単体では存在しえないフッ素は不安定な元素で、すぐに他の元素とくっついています。
フッ素イオン治療は不安定なフッ素を安全に、かつ効率的に歯に浸透させる治療です。

当院では治療終了時や定期健診時にフッ素イオン導入をおこなっております。どのような歯に対しても有効ですが、乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、とくに有効です。

フッ素イオン導入装置

日本歯科医師会のテーマパーク8020にフッ素に関する詳しい案内があります »

シーラント

大切な乳歯を虫歯から守る歯のバリア

シーラント

食べ物をすり潰す役割を持つ奥歯(臼歯)には裂溝と呼ばれる溝があります。裂溝は汚れが溜まりやすく、また歯磨きも難しいため虫歯になりやすい部分です。

シーラントは虫歯予防のために臼歯の裂溝を歯科材で埋める治療で、乳歯の奥歯や生えたての奥歯の永久歯に施します。
とくに、一番最初に生える永久歯(6歳臼歯)は虫歯になりやすことから寿命の短い歯とも言われているため、シーラントによる虫歯予防はとても有効です。

フッ素イオン治療

予防処置の専門家、歯科衛生士が歯を一本一本きれいに磨きます!

歯の隅々までクリーニング

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は予防歯科先進国スウェーデンで考案された歯科医院でおこなう歯の専門クリーニングです。
歯磨きでは落とせない溜まった汚れを定期的に落とすことで、虫歯や歯周病を効果的に予防できます。

PMTC後のフッ化物歯面塗布法またはフッ素イオン治療はフッ素が歯面によく浸透するため、より歯質を強化でき、虫歯を予防する効果は飛躍的に向上します。

PMTC
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
定期検診 - 健康増進! 健康長寿! 快適ライフを応援します!
健康増進! 健康長寿! 快適ライフを応援します!

定期検診では虫歯や歯周病の再発チェック、
予防処置としては、フッ素塗布やPMTC、お子様の場合はシーラントの処置やチェックなどをおこないます。

虫歯や歯周病の再発がなければ歯を削ることはありませんし、不快な思いをすることもありません。
口臭を改善する効果も期待できますのでぜひご利用ください。

定期検診はこんなに大切
定期検診はこんなに大切
定期検診はこんなに大切
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯科定期検診システム

健康を維持し、口臭もキレイになるスッキリ爽快な定期検診!

当院では定期検診を健康なお口の状態を保つことを目的に3~6ヶ月ごとに実施しております。
毎回治療の最終日に定期検診のご予約をいただき、予定日が近づいてきたらお葉書きでお知らせするシステムになっておりますので、ぜひご利用ください。

定期検診ご予約について
定期検診ご予約について

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
ひたちなか市長堀町の歯医者さん「おざわ歯科」予約・緊急対応いたします!

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなど具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
ご予約なしでご来院の際、お待たせすることがございます。ご理解をお願いいたします。

公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様など治療以外のお電話はお控えください。

託児サービス有ます!
診療時間・休診日
アクセスマップ
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る